【大阪府知事選挙】 くりはら貴子 と一緒に「マジメに、大阪」しましょう!

11月22日は、大阪府知事選挙の投票日です。

私は、くりはら貴子さんを、自信をもって推薦いたします。維新だか何だか知りませんが、よその党の人がごちゃごちゃとデマや風評で大衆を惑わしておりますが、くりはら貴子さんは自由民主党推薦、安倍晋三総裁から直々に推薦状を交付されております。自由民主党総裁の推薦状というのは、伊達や酔狂でもらえるもんじゃありませんからね。陣中には、外遊中の安倍晋三総裁から、「絶対に勝て」との檄文も届いています。ここんとこ、しっかり理解をして、嘘つきに惑わされることないようにしましょう。

つながる大阪 未来をきづく 大阪府知事候補者 くりはら貴子 大阪市長候補者 柳本あきら

大変厳しい戦いですが、ここで全力を尽くして戦わねば、大阪の、そして日本の未来がメチャクチャになります。100年先、子々孫々の時代まで悔いを残すことになります。くりはら貴子さんを新知事に押し上げ、地域の政治課題をコツコツと前に進める「まっとうな大阪府政」を実現しましょう。

マジメに、大阪。クリーンな府政を。知事候補 くりはら貴子

大阪府民の方はもちろん、府外の方も、携帯電話のアドレス帳に大阪の親戚・知人・友人が必ず登録されていると思います。11月21日の23時59分59秒まで、選挙運動を行うことが可能です。ぜひ、「知事には、くりはら。知事には、くりはら。品質は私が保証する」とお声かけいただければ幸いです。

一大阪府民として、『大阪市廃止5分割案(所謂「大阪都構想」)』に反対します!

もう、泣いても笑っても明日投開票です。ゴチャゴチャ言っても仕方ない。

今から協定書だの協議会資料だの言うたって、どうもいかんでしょ。ぶっちゃけた話をしましょう。

大阪都構想 知ってほしい「7つの事実」
【事実0】 住民投票の対象は「大阪市民」、それ以外の「大阪府民」は対象ではない
【事実1】 今回の住民投票で賛成多数でも、「大阪都」にならず「大阪府」のまま
【事実2】 「都構想」とは、大阪市を5つの特別区に分割する「大阪市5分割構想」
【事実3】 大阪市民は年間2200億円分の「財源」と「権限」を失う
【事実4】 2200億円が様々に「流用」され、大阪市民への行政サービスが低下する恐れ
【事実5】 特別区の人口比が3割の大阪では東京のような「大都市行政」は困難
【事実6】 東京23区には「特別区はダメ、市にしてほしい」という議論がある
【事実7】 東京の繁栄は「都区制度」のおかげではなく、「一極集中」の賜物
大阪都構想 知ってほしい「7つの真実」
【真実1】 「都構想」は一度やったら元に戻せない
【真実2】 堺市はかつて「都構想」を拒否し、自分たちの自治を守った
【真実3】 「都構想」とは、大阪市民が自分たちの「自治」を失うこと
【真実4】 様々な行政の手続きが「3重化」する
【真実5】 「都構想」の実現で大阪都心のまちづくりが停滞し、大阪全体がダメになる
【真実6】 「都構想」は「大阪」という大切な「日本の宝」の喪失をもたらす
【真実7】 「大阪」の発展に必要なのは「改革」ではなく「プロジェクト」

「わけわからん」言うてる人、まだまだ多いですなぁ。

究極的に言いまひょか。明日の住民投票で問われるのは、「大阪市を潰すかどうか?」です。つぶすと、大阪市民は「財源」、「権限」、「街づくりのノウハウ」といった色んなものを失います。

CEhVCLaUMAADApm

代わりに得られるものは「特別区民」という謎のステータスです。「自治」を放棄してまで、手に入れる必要のあるもんですか? 私はそう思わないので反対です。府民に投票権はありませんが、大阪を愛する一府民として「大阪市民よ、身投げするなかれ」と、地道に呼びかけたいと思います。

We Say NO! 5.17 Osaka

これ、こないだからtwitterとかで話す人には話している内容ですが、正直いって私は2年前なら賛成、1年前でも賛成してたと思います。「区長公選」とかね、部分部分の個別の政策として賛成したい点も結構あります。ただ、知れば知るほど、浅い、粗い。

そして「政治」としてみた場合、大阪維新の会(維新の党)の変質振りというのは凄まじいものがあって、言うてることとやってることが全く噛み合ってません。体よく「元自民党」を気取って保守層の取り込みとかはかろうとしてるけど、中身は真逆の【活動家集団】。こんなん言うたらあれやけど、気色悪いんですわ。

これは藤井聡教授が「7つの事実」を指摘したあとの、彼らの執拗な嫌がらせを通して表面化したといえます。私も表では黙ってますけど、無茶苦茶やられたという話を一杯聞いてるんで、あそこで「これは政策うんぬん以前、こういう人たちに権力を与えてはいけない」という確信に変わりました。

橋下徹という【権力】が振り回した包丁は、確実に“普通の人”に当たってます。口先では「声なき声」がどうたらこうたら言いながら、あいつらは声の大きい奴にしか向き合ってません。任せておくと取り返しがつきません。橋下は住民投票が否決されたら「政治家をやめる」と言うてます。圧倒的多数の【反対票】を叩きつけてやろうじゃないですか!

「エセ弱者」騒動に考える、強さとか、弱さとか……

先日来、ちょっとツイッターで「カチーン!」と来てることがあって、例の「エセ弱者」うんぬんかんぬん…。別に事を大きくしようとかそういう意図はないんで細かいことは書かないけれど、「袖触れ合うも多少の縁」って言葉もあるわけで、ネット上のお付き合いとはいえ仲良くしている人が心無い罵声を浴びせられてるのを、黙って見てるのは心が痛む。

で、ちょっと昨日触れた件。

tweet

で、伊丹十三監督の映画『ミンボーの女』で、主人公が“ヤクザが許せない理由”を語る場面。

若杉太郎(村田雄浩): 「いつか聞こうと思ってたんですけど、まひる(宮本)さんはどうしてヤクザが恐くないんですか?」

井上まひる(宮本信子): 「さぁ……。たぶん……。ヤクザのことをよく知ってるからよ。あたしの父は下町で外科医をやってたの。指を詰めたヤクザや刺されたヤクザがしょっちゅう駆け込んで来てたわ。私、ヤクザの親分にも、よくおんぶしてもらった。ある時に、その親分が血まみれになって転がり込んできたの。対立抗争でやられたのね。すぐに、相手の組のヤクザたちがうちに押しかけたわ。『親分を出せ』って。日本刀やピストルを持ってるのもいたわ。父は頑としてはねつけたの。患者を渡すわけにはいかん。連中は父を撃ったわ。そしてその親分を海岸へ連れ出し、穴を掘って、生きたまま逆さにして埋めたそうよ」

若杉: 「お父さまは?」

井上: 「病院に担ぎ込まれたわ。私が駆け付けたときは、もう虫の息だった。私はわんわん泣いたわ。すると父が言ったの。『人間どうせすぐに死ぬんだ。ヤクザに脅されて自分の患者を裏切って渡すより、こうやって死ぬ方がよっぽどいい。そう思わんか?』って、そういって……、手を上の方へ……、差し伸べたわ。そして……、死んだわ」

若杉: 「……」

井上: 「でも、世の中のみんなが父のように強いわけじゃない。人は誰でもヤクザを恐れる。ヤクザの前では目を伏せて関わり合いにならないようにしてきた。ヤクザの前ではみんな誇りを踏みにじられ、屈辱に耐えねばならない。私がヤクザを許せないのはそこなの。人々を恐怖で支配し、人々に屈辱の人生を強いることなの」

結局ね、これなんだよ。

人間同士だから、いざこざはある。感情の行き違いとか、ヒートアップしてしまうこととかあって当たり前。しかし、人に屈辱を与えることを目的とした言動はあかんて。だって、それってヤクザのそれそのものやもん、と。

真の強さって勇気のことだろ? 悪さをしてしまったときは「ごめん」と言える人でありたいな。

これを以って他山の石としよう。そういうお話。

【覚え書き】 DiXiM Digital TV Plus でエラーコード「80070057」が出て映像再生できないときの対処方法

これ、昨年末からずっとハマってて、焼くまでもない見て消しコンテンツの消化がはかどらず難渋したわけだが…。

簡単に解決できることだった(笑)

http://club.coneco.net/user/32330/review/66094/

■DRM情報フォルダを表示する設定を行います。
適当なフォルダを開いてメニューの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」→「詳細設定」にある項目で下記の設定を行います。
  1. 「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる。
  2. 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。
  3. 「OK」ボタンをクリックして確定します。

■DRM情報をクリアします。

  1. DRMフォルダを表示して中のファイルを全て削除します。
    Vistaの場合: C:¥ProgramData¥Microsoft¥Windows¥DRM
    XPの場合: C:¥Documents and Settings¥All Users¥DRM
    Win7の場合: C:¥ProgramData¥Microsoft¥Windows¥DRM

Win8、Win8.1でも、上記Win7と同じ方法で対処可。

てことで昨年来、録画環境のPC移行を進めてるんだけど、やり始めると当初の構想どおりの構成では支障が出たりして、何回か組み替えてきた。最初は1台のハイスペック録画&エンコPCを作って、ジュークボックス的に運用しようと考えていた。でも、考えてみると、エンコ中の負荷で録画に支障をきたす。そこで録画は録画PCに任せて、エンコは自室でやることに。

自作PC マルチ用途機

ということで、↑がエンコを担うことになった部屋用マルチ機。本当はマザーボードと電源をもう少しいいものにしたいんだけど、円安でパーツ価格が暴騰してるし、もう打ち止め。とりあえずハードとしては完成してるしね。4790K、通常定格、エンコ時のみプチOC、空冷。冬場は平気でも、暑くなってからどうなるかは未知数。計算上は余裕なんだけどね。まだ動作が安定してなくて、蓋を開けたり、机から降ろしたりすることがあるんで、アクリルのペリペリは剥がしてなかったりする。